戸塚珈琲店

エスプレッソな話題をお届けします。

何だって?マラソンは老化を加速させるだと?

スポンサーリンク

先日、とある道路で脇道から本線へ出ようと一時停止で止まり、左右を確認していたら、歩道を何か見たことあるやつが歩いてきた。

 

向こうもこちらに気づき、その時やっと誰だかわかった。

高校の同級生だった「M田」だ。約20年ぶりに会った。

 

その時の会話。

 

僕「おうM田!久しぶり!」

 

M田「おー戸塚!久しぶりやな!」

 

僕「こんなところで会うなんてすごい偶然やな!元気か?」

 

M田「元気や!戸塚、老けたんじゃね?昔はカッコよかったのにな。」

 

僕「・・・な、何ですと?」

 

昔は?

 

今は?

失礼ぶっこきマンボーーー!!!

 

久しぶりに再会したっていうのに何というセリフ!

 

いいもんいいもーん!

 

見とけよ!アンチエイジングじゃーーー!!!

 

そんなとき、書店で見つけた本がある。

 

『低糖質&抗酸化ランニングのすすめ』という本だ。

 

著者は、僕の尊敬する日本のトレイルランニングの第一人者、鏑木毅と、予防医学研究者の菊池恵観子。

前から気にはなってたが、自分には必要ないかなーと思って見ていなかった。

しかし、その時は吸い寄せられるようにその本に手が伸びた。

パラパラと見ていたら、「運動と老化の関係」いう項目が目に飛び込んできた。

 

僕はそのままレジに進んだ。

 

★★

マラソン大国のアメリカでは、「ランナーズフェイス」という言葉があるようだ。

肌が日に焼けて乾燥し、頬がこけ、顔にシワが刻み込まれた顔のことを言う。

過度な運動をすると活性酸素が増加し、老化を加速させるようだ。

 

全然知らなかった・・・

 

じゃーどうすればいいのか。

もちろん書いてあります。

 

まずは生活習慣を見直すこと。酸化の原因は主に、紫外線、喫煙、ストレス、飲酒などがあるので、当てはまるものは見直すべし。

この中だと喫煙だけはしていないので大丈夫だ。

 

あとは食生活を見直す。活性酸素の発生を予防するには、抗酸化の高い食品を摂取することが効果的みたいだ。

 

でも抗酸化の食品て何だ?トマトぐらいしか知らない。

 

大丈夫。それももちろん書いてある。

 

抗酸化物質の含まれる食品は、

 

アスタキサンチン・・・カニ、エビ、鮭など。

リコピン・・・トマト、スイカ、柿、ピンクグレープフルーツなど。

プサンチン・・・赤とうがらし、赤ピーマンなど。カプサイシンとは違う。

βクリプトキサンチン・・・みかん、とうもろこしなど。

ビタミンA・・・海藻、魚介類、卵黄、レバーなど。

ルテイン・・・ほうれん草、ブロッコリーなど。

ビタミンE・・・アーモンド、うなぎなど。

ビタミンC・・・イチゴなどの果物や野菜に多い。

ポリフェノール・・・チョコレート、お茶、赤ワインなど。

 

中でもアスタキサンチンがすごい抗酸化作用があるようだ。

オッケーオッケー。

これを意識して取れば、安心して追い込んでもいいってことだな。

 

覚えてろM田!次会った時はびっくりさせてやる!