戸塚珈琲店

エスプレッソな話題をお届けします。

【英語多読】Oxford Reading Tree : Stage 7 : Stories の感想

一歩ずつですが着実にレベルを上げております。 Stage 7に入っていきます!ワクワクします! 6話パックです。 やり方はこちらをご覧ください。 www.tozuka-coffee.com Red Planet(895語) Lost in the Jungle(969語) The Broken Roof(983語) The Lost K…

【英語多読】Oxford Reading Tree : Stage 6 : More Stories B の感想

さあ、ついにORT Stage 6 も最後のパックです。 いい感じで進められています。 やり方はこちらをご覧ください。 www.tozuka-coffee.com Paris Adventure(481語) The Stolen Crown Part 1(563語) The Stolen Crown Part 2(522語) Ship in Trouble(534…

まんぷくロス確定…

毎日帰宅してから、NHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』を見るのを楽しみにしていた。 それが、終わってしまった。 こんなに楽しみだった朝ドラは初めてだった。 『まんぷく』は、インスタントラーメンやカップヌードルを発明し、日清食品の創始者でもある安…

【英語多読】Oxford Reading Tree:Stage 6:More Stories Aの感想

さあ、次はORTのStage 6 More stories Aです!だんだん慣れてきましたよ〜! こちらも6話パックです。 やり方はこちらをご覧ください。 www.tozuka-coffee.com A Fright in the Night(480語) Mirror Island(465語) The Laughing Princess(470語) Chris…

どんな声が好きですか?

ラジオを聴いていて気づいたことがある。 僕は仕事中、毎日ラジオを聴いている。 お昼のとある番組の中で、某通販大手のラジオショッピングのコーナーがあり、いつものように聴くともなく聴いていると、何かいつもとは違う違和感を感じた。 以前、そのラジオ…

宮崎駿をつくったもの

宮崎駿。 言わずと知れた、日本アニメ界の巨匠。 スタジオジブリで数多くの作品を世に送り出してきた。 彼の作品を一度は目にしたことがある人は多いだろう。 そんな宮崎駿はどのようにしてつくられたか。 どんな本を読み、何を感じてきたのか。 それが書い…

【英語多読】Oxford Reading Tree:Stage 6:Storiesの感想

いよいよレベルが上がり、ORTのStage 6に入ります。どうなるんでしょうか。 打ちのめされないように頑張ります! まずはStoriesから。こちらも6話パックです。 やり方はこちらを参照ください。 www.tozuka-coffee.com In Tthe Garden(443語) KIpper and th…

読書の快楽とは?『遅読のすすめ』山村修

「遅読」 最近よく書店で見かける「速読」とは正反対の言葉だ。 現代の情報社会の中、限られた時間で、いかに速く、大量に本を読むかを謳った書籍をよく見かける。そんな中、僕は『遅読のすすめ』という本を手に取った。 僕は本を読み始めたのが遅く、24歳く…

【英語多読】Oxford Reading Tree : Stage 5 : More Stories C の感想

続きまして、ORT Stage 5 のMore Stories Cです。 6話パックです。 このパックでStage 5は終わりです。 やり方はこちらをご覧ください。 www.tozuka-coffee.com Sleepig Beauty(321語) The Adventure Park(330語) Kipper and the Trolls(360語) Safri …

【英語多読】Oxford Reading Tree:Stage 5:More Stories B の感想

続きまして、ORT Stage 5 のMore Stories B です。 これも6話パックです。 やり方はこちらを参照ください。 www.tozuka-coffee.com The New Baby(362語) Camping Adventure(335語) Scarecrows(318語) Noah's Ark Adventure(370語) A New Classroom(…

あなたならどうする?

信号待ちをしていた時のことだった。 道路は二車線、僕は左側の車線の先頭で青に変わるのを待っていた。 すると、70歳後半と思われるご婦人が、なにやら足を踏み鳴らしながら道路に出てくるではありませんか。 何だろうと見てみると、何やら「紙のようなもの…

迷いから得た教訓

例えば、欲しいものがあって、それを買いに行ったとする。 すると、その欲しいものの横に色違いの同じようなものがあり、目移りする。 悩んだ末にその違う色を買う。 レジを済ませ少し冷静になると、似たような色のやつを持っていたことに気づき、後悔する。…

【英語多読】Oxford Reading Tree:Stage 5:More Stories A の感想

どんどん行きます。 続いては、Oxford Reading Tree:Stage 5 のMore Stories A という、いわゆる「おかわりシリーズ」のようなものですかね。 これも6話あります。 やり方はこちらを参照ください。 www.tozuka-coffee.com The Whatsit(305語) Undergroun …

【英語多読】Oxford Reading Tree:Stage 5:Storiesの感想

さて、いよいよOxford Reading Treeを使っての多読を初めていきます。 まずはORT キッパーシリーズのStage 5 Storiesから。6話セットとなってます。 やり方についてはこちらを参照ください。 www.tozuka-coffee.com The Magic Key(273語) Pirate Adventure…

英語多読のやり方 〜Oxford Reading Tree編〜

英語が読めるようになるにはやさしい英語で書かれた本を多読すればいいのはわかった。 では実際どう読めばいいんだろう? 『多聴多読マガジン 2018年4月号(コスモピア)』が手元にあるので、そこで紹介されている方法を紹介します。 そして、それを参考に実…

英語多読で洋書が読めるようになるか!

海外文学の本を読んでいて、翻訳によって少し読みにくさを感じることがある。 文章にはリズムやテンポがあり、そういったところに作家の個性が出ると思う。 翻訳者もできるだけ原書に近い表現ができるように苦心するんでしょう。 でも、やはりリアルな表現と…

『こんな夜更けにバナナかよ!』は、最高かよ!

最近の楽しみ。 アラフォー男3人が、月に一度、平日の夜に映画館で映画を見る。 3人が月替わりで見たい映画を選ぶので、自分が見たい映画ではない時もある。 今回は友人の番だった。 そういう時に面白い映画に出会えるものだ。 そう。 それが『こんな夜更け…

『シンドラーのリスト』はマストだ!

『シンドラーのリスト』 この映画はかなり評判がいいので見たいなーと思っていたが、近くのレンタルショップにはなぜか置いていなく見れていなかった。 毎回行くたびに探した。 ヒューマン、ドラマ、実話の棚、もしかしたらSFの棚に紛れてるかもと、並んでる…

ユーミンはすごいよ。

年末のNHK紅白歌合戦で、松任谷由実(以下、ユーミン)を見ていて思い出したことがある。 一年ほど前の話だが、仕事中にラジオで「ユーミン・コード」という番組を聞いていた時の話だ。 それはリスナーからのメールを紹介するコーナーで、あるリスナーからの…

はじめまして、ヒッチコック。

『裏窓』という映画を見た。 おそらく僕の記憶の限りでは、初めてのヒッチコック作品だろう。 主人公でカメラマンのジェフリーズが、足を骨折し車椅子生活となり、仕事にも行けず、出歩くこともできず、退屈しのぎで自分の部屋の窓から近所のアパートに住む…

ヨガで「ココロとカラダ」の悩みが解決するって…それマジ?

先日「情熱大陸」を見た。 この番組は毎週録画していて、見る時間がないときはあまり興味がないものは、すいませんが消去しています。 前回の2月25日は、ヨガ指導者の「更科有哉」という人でした。 正直ヨガはあまり興味がなかったので見ないでおこうかと思…

コンプレックスさえなければ上手くいくのか?

誰しもが、一つや二つはコンプレックスを抱えていると思います。 芥川龍之介の『鼻』は、そんなコンプレックスを持った人物が登場します。 この話の主人公・禅智内供。彼のコンプレックスは「鼻」です。 長さは五六寸あって、上唇の上から腮(あご)の下まで…

いやらしい話ですが、アスリートとお金について

すいません。またオリンピックの話です… どうしてかというと、昨日の北國新聞のある記事を目にしたからです。 その記事の見出しはというと、 「報奨金 大盤振る舞い」 「高木菜に2千万円」 とありました。気になりますよね。 メダルを獲得すると日本オリン…

五輪ロスから早く抜け出さないと…

平昌オリンピックに出場していた選手たちが帰国し、メダリストたちが合同会見を行いました。 ひとりひとりがしっかりと受け答えしている姿を見て立派だなあと思います。 僕だったら絶対カミカミで手が震えてしまい、全国に恥を晒してしまうでしょう。 メダル…

ありがとう平昌オリンピック!ありがとうニッポン!

激アツだった平昌オリンピックが終わってしまいました。 こんなにしっかり観戦した冬季オリンピックは初めてです。 時差がほとんどなかったからということもありますが、なによりも日本勢の活躍が大きかったですね。 日本のメダル獲得は、金メダル4個、銀メ…

高木菜那の笑顔に癒されて

すごい! 平昌オリンピック、女子マススタート。 高木菜那、金メダル獲得! 実は、昨日は用事がありライブでは見れていませんでした。ニュースで結果を知り驚きました。そして今朝はワイドショーをはしごして昨日のレースを見ました。パシュートのメンバーの…

女子フィギュアスケート、妖精たちの演舞の裏で思うこと

平昌オリンピック。 女子フィギュアスケートが終わりましたね。 宮原知子が4位、坂本花織が6位という結果でした。 平日の日中なのでライブでは見ていませんが、日本勢はメダルこそなりませんでしたが、よく頑張りました。 金メダルは、ロシアのザギトワ、な…

スポーツは本当に勇気と感動を与えてくれる

まだ終わってませんが、今回の平昌オリンピックでスピードスケートを応援し、インタビューを聞いていて思ったことがある。 (注)以下に挙げる選手の言葉は正確ではないかもしれませんが、その言葉を聞き、僕が受け取った言葉です。 まずは女子500メートル金…

女子チームパシュート、感動で泣きそう…

平昌オリンピック。 女子チームパシュート準決勝・決勝。 いよいよだ。 仕事が終わり、テレビの前に陣取る。 準決勝は20時から1組目がスタート予定なので、それまでは直前番組の女子チームパシュートのオリンピックまでの道のりを追った番組を見て、さらにワ…

ホリーとヘップバーン

トルーマン・カポーティ『ティファニーで朝食を』 この作品は映画では見たことがある、と思う。あまり記憶がない… そして今回は原作を新潮文庫の村上春樹訳で初めて読んだ。 第二次大戦下のニューヨークで、居並ぶセレブの求愛をさらりとかわし、社交界を自…